Top >  腰痛について >  腰痛のぎっくり腰と分離症

スポンサードリンク

腰痛のぎっくり腰と分離症

腰痛のタイプとして原因が腰を後ろ側にそらすことで痛みを感じる型の腰痛があります。腰を強くひねることであるとか、腰を後ろ側にいきなり空素であるとかという動作を行うことでなることが多いようです。腰痛には老人のよくなる変形性腰椎症であるとか、若年層ではスポーツをよくする人に良く症などもあります。腰を使うような仕事をしたりだとかは止めたほうが良いですし、できるだけ安静にしているのが良いでしょう。種類としては急性腰痛症として一般にぎっくり腰とよばれるものがあります。ぎっくり腰は中腰などで重いものを持ち上げる動作を行ったときであるとか、腰を急にねじるなどを行ったときに腰痛となって起こるのですが、原因のひとつとしては筋肉の繊維が裂けている場合もありますし腰のじん帯を捻挫した状態になっていることもあります。




スポンサードリンク

 <  前の記事 腰痛について  |  トップページ  |  次の記事 腰痛と予防する  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6081

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「腰痛ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。