Top >  腰痛について >  腰椎すべり症とさまざまな腰痛

スポンサードリンク

腰椎すべり症とさまざまな腰痛

腰椎すべり症は脊椎すべり症ともいい、症状としてはです。腰椎すべり症ではほかに下肢における痺れや痛みなどもおこることがようです。腰椎すべり原因としては、椎体が椎体にたいして滑り込んでしまうことを言うのですが、脊椎が分離することによる椎間板が使い古されることによってもおこるようです。症にはいくつかの種類があるのですが、其のうちのひとつとしては「腰椎分離すべり症」として、前にかがんだ姿勢において感じる症状なのですが、腰が突っ張った感じがすることやあまり安定しない感じがするようです。腰椎すべり症のほかの腰痛としては椎間関節性腰痛症として、症状は腰痛があり朝起きるときは痛みが酷いものの日中からだが動くにしたがって痛みが楽になってくるもので、原因としては腰椎に関節に起こる炎症などがようです。この他には症による原因がようです。




スポンサードリンク

 <  前の記事 腰痛ベルト体操  |  トップページ  |  次の記事 腰痛を予防しよう  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6088

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「腰痛ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。