Top >  腰痛と症状 >  腰痛症の症状と原因

スポンサードリンク

腰痛症の症状と原因

腰痛のひとつにぎっくり腰とよばれる症状があります。腰は筋膜性腰痛症(腰痛症)といい、特徴としては腰に痛みがあるもののレントゲンなどには内臓にも特に疾患などのないものが多くみられるようなのですが、腰痛症の主な原因としては立ったまま重いものを持ち上げようとしたり急激に立とうとするときなどに痛みが走ることなどが始まりのようです。ぎっくり腰とよばれる筋膜性腰痛症の原因の具体的なものとしては、筋肉や関節、神経などへ大きな負荷がかかったことであるとか疲れ、緊張などにようです。
負荷は、体を必要以上にひねったであるとか重いものなどをよくない姿勢で持ち上げようとしたときなどに大きくかかるものなのですが、無理な姿勢や同じような姿勢を長時間とることでも腰痛症にはなりやすいですし、女性などではじん帯のゆるみが原因となって腰痛症になることもようです。ぎっくり腰の対処方法としては、姿勢をとるようにします。




スポンサードリンク

 <  前の記事 体の中から腰痛改善  |  トップページ  |  次の記事 腰痛と椎間板ヘルニア  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6068

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「腰痛ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。