Top >  腰痛と症状 >  腰痛と椎間板ヘルニア

スポンサードリンク

腰痛と椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの主な症状といえば、まずは部分から筋力が低下することや痛みや痺れなどですし、もうひとつは痛みが酷いことでせきやくしゃみをしても腰痛が感じられることです。椎間板ヘルニアは、根を行き症状として坐骨神経痛などを引き起こします。椎間板ヘルニアが酷くなったときなどは腰痛のためオシッコができなくなることもあります。椎間板ヘルニアの腰痛の程度としては、痛みが腰と両脚におよびますので腰の部分を曲げていないと立っていられないぐらいであるようです。のですが、椎間板は20歳を過ぎたあと年を取るごとに年代においての看護、セールス、事務職など軽作業を行う人などにみられるようです。原因として椎間板が飛び出しているだけの場合は特に問題にはならないのですが、飛び出した椎間板が神経を刺激することによって痛みなどが発生することになります。




スポンサードリンク

 <  前の記事 腰痛症の症状と原因  |  トップページ  |  次の記事 妊娠からくる腰痛  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6069

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「腰痛ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。