斎場での配慮が有難かった大田区での葬儀

慌てた大叔母の葬儀の手配

慌てた大叔母の葬儀の手配 | 最後のお別れもゆっくりと行うことができた | スタッフさんのご配慮とお気遣いに感謝

子どもがいなかった大叔母の葬儀を我が家で行うことになり、大田区で比較的安価な利用が可能ということで当初は公営斎場を望んでいたのですが、昨今は同様の希望をする人が多いらしく相当待つことになるため、妹の知人経由で葬儀社にお願いすることにしました。
生前元気な一人暮らしで、入院が長かったとはいえ大往生と言っていい年齢で逝去した大叔母だけに、友人知人も他界している人がほとんどで近郊にいる親族も少なく家族葬で送ることにしました。
一日葬も考えたのですが、遠方から来る伯父がお通夜があって当然といった雰囲気だったこともあってお通夜と告別式を行う形式を選びました。
この間の打ち合わせ等は妹が主導して行ってくれたのですが、宿泊設備が整っている小ホールがある斎場を探してもらうことができました。
大田区はそういった斎場が少ないと聞いていたので、急いで探すなか良いところが見つかって非常に幸運だったと思います。
少し前に、年の瀬に亡くなったために葬儀が何日も後になってしまった話も耳にしていたので、大叔母のためにも速やかに手配できてとても安心しました。
とは言えそこからが大変で、夏の薄手の喪服しか持っていなかった私と喪服の用意自体まったくしていなかった妹とで安い喪服を購入するかレンタルをお願いするかで迷い、結局私は購入して妹はレンタルにしたのですが、レンタルの手配も葬儀社のかたが行ってくれたそうで、何かと慌てて平常心を無くしている中で行き届いた配慮をしていただけて、その点も非常に有難かったです。

大田区 葬儀葬儀