斎場での配慮が有難かった大田区での葬儀

最後のお別れもゆっくりと行うことができた

大田区 葬儀 : 葬儀

お通夜の晩は米原や関ヶ原の大雪で新幹線が遅れて伯父の到着が深夜になってしまったのですが、斎場のスタッフのかたが遅くなっても食事の注文ができるお店を教えてくださったりして安心でした。
家族葬は通夜振る舞いの気遣いが要らないというところもメリットではありますが、予想外の事態の際、気遣ってくださるスタッフさんの存在は本当に心強いです。
近くにコンビニもあり、遠くからやっと到着して疲れていた叔父に温かいおでんなども食べてもらえて安心しました。
翌日の告別式も家族と親戚だけで行うところ、大叔母の短歌サークルのかたがご参列くださって、その急な対応もスタッフのかたのご配慮あって滞りなく告別式を行うことができました。
斎場への移動もみぞれが降る中、道路の混雑を見越して早めに車を出発させていただけて、火葬場で慌てることも無く大叔母との最後のお別れをもう一度ゆっくり行うこともでき、慌ただしく決めたりしながらも良い葬儀で送ることができたように思います。
妹の知人のつてがあったことも大きかったですが、大田区内でも非常に良い葬儀社と斎場で行うことができたと実感出来ました。

慌てた大叔母の葬儀の手配 | 最後のお別れもゆっくりと行うことができた | スタッフさんのご配慮とお気遣いに感謝